カテゴリー:保存と処分

  1. 00

    過炭酸ナトリウムは空気中の湿気と反応して少しづつ酸素ガスを発生してしまいます。 なので、過炭酸ナトリウムの保管方法には少し気を配る必要があります! といっても置き場所や容器の材質に気をつけるだけですので、それほど難しいこともあり…

RETURN TOP